りす組さんの記録

 

 

 

 

「これどうやってやるのー?」

「こうやってやるんだよー!」

と言葉のやりとりをしながら

一緒に同じ玩具で遊んだり。

 

 

 

丸、三角、四角の玩具を

ピザだよ!チーズだよ!と見立てて遊んだり

積み重ねて遊んだり、ひとつの玩具でも

子どもたちは何通りも遊び方を発掘します。

 

 

 

一人がトンネルを作ると

僕も私もー!と

長~いトンネルが出来上がります。

みんなで作った長いトンネルを

よいしょよいしょ、と お友だちが通ります。

 

 

 

「は~じまるよっ!ちゃんちゃん!」と

先生の真似をして絵本を読み始めたり

最近では、お友だちに読んであげる姿も

見られるようになりました。

 

 

 

糸を通す玩具も

立てて遊べば

また違う遊び方ができますね。

 

 

月齢が高くなるにつれ、

玩具の遊び方やお友だちとの関わり方も

変わってきている姿が見られます。

お友だちと会話をしながら同じ玩具を使ったり体を動かして、

今日も元気いっぱいのりす組さんでした♪