よちよち、ひよこ組さん

4月も2週間が過ぎ、はじめは涙していたお子様たちも少しずつ園に慣れ、

好きなおもちゃを手に取ったり、お散歩に行ったり公園で楽しく遊べるようになってきたお子様たち。

 

今回は0歳児ひよこ組さんの保育園での様子をご紹介したいと思います。

ひよこ組さんには鈴やタンバリンなど、音の鳴るおもちゃがたくさんあります。

保育者が“きらきら星”や“おもちゃのちゃちゃちゃ”等の歌を歌いながら音を鳴らしてみると、

お子様たちはそのおもちゃに手を伸ばして振ってみたり、叩いてみたり。

素敵な音が鳴るとニッコリ嬉しそうに笑ってとっても楽しそうです。

ハイハイしてみたり、つかまり立ちしたり、お部屋の中を探検して好きなおもちゃを見つけていく

お子様たち。お友だちが使っているものも興味津々で見ていることもありますよ。

お散歩に行くときは座り式のバギーに乗って出発!

お外に出ると、心地よい風に吹かれて気持ちよさそうなお子様たち。涙もピタッ!と止まります。

大きな車や綺麗なお花など、お外には不思議なものばかり。目をまん丸くして辺りを見ていますよ。

駅も近いので電車を見に行くこともあります。近くで見る電車は迫力満点!興味津々なみんなです。

 

これからも保育園でたのしい体験が出来るようにしていきますね。