避難訓練!!

本日、おおたかの森園では、避難訓練を行いました。

お子様たちが一緒に行うのは初めてで、どんな反応をするのかドキドキしました。

今回は、地震が起き、給食室から出火し、第一避難場所の小学校まで避難という訓練を行いました。

 

保育者が「地震です!」と言うと、お子様たちは少し驚いていた様子でしたが、保育者の誘導に従って、上手に動くことが出来ました。

地震がおさまるまで、お部屋の真ん中に避難して、保育者に防災頭巾をかぶせてもらい、いよいよお外へ避難を始めます。

保育者の手をしっかりにぎって、ひよこ組さんは保育者におんぶしてもらい、りす組さんうさぎ組さんは、バギーや避難車に乗ります。

お子様の人数、保育者の人数をしっかり点呼をとって、第一避難場所である、小山小学校へ行きます。

どのようなルートで行くのか、実際の災害を想定して行きました。

初めて実際に行った避難訓練でしたが、泣く子もなく、お子様たちも上手に避難することが出来ました。

大切なお子様の安全を守るため、おおたかの森園では、毎月このような“もしも”を想定し、

避難訓練を行っていきます。

ご家庭でも今一度、“もしも”の時の備えや、避難場所をご確認頂き、ご家族で話し合ってみるのもいいですね。