大きな花火ができました☆

8月も下旬にさしかかっておりますが、皆様はどのような夏を過ごされているでしょうか。

おおたかの森園本園では、休み明けのお子様たちから「花火見たよー」

「花火やったよ!」という声が多く聞かれました。

夏と言えば、花火が欠かせませんね。全クラス合同で、花火の製作をすることにしました。

きりん組さん、くま組さんが一人一人色とりどりの手形で花火の花の部分を

作ってくれました。

ひよこ組さん、りす組さん、うさぎ組さんが夜空をさらに彩っていきます。

ひよこ組さんは、お手手に白い絵の具をつけてぺったん。

ペッタンとした部分をじっと眺め、とても嬉しそう!

シュルルル~と打ち上げ花火の様子を再現することができました。

りす組さん、うさぎ組さんは、キラキラの折り紙を使って

花火を華やかにしていきます。

のりを指に付けて、夢中になって貼っていきます。

うさぎ組さんは、「この色もかわいいね」

「ここにペッタンしたらきれいかな?」と想像しながら取り組んでいましたよ。

みんなで力を合わせて、こんなに大きくて素敵な花火ができました!

みんなが役割を持って取り組んだ作品、想像以上に綺麗な花火ができて保育者一同も感動です!

ご自宅でも、夏の思い出をお子様とお話してみてくださいね♪