寒さに負けず元気いっぱい!

最近では朝晩ぐっと冷え込み、寒暖の差が激しい日が続いていますが

皆様体調はいかがでしょうか。

おおたかの森園本園のお子様たちは、寒さを忘れるくらい元気いっぱいに

お外で体を動かしています。

まだまだ秋の自然が残っていて、どんぐり拾いに夢中になったり…

「わーい!カサカサー!」と落ち葉のじゅうたんの上を歩いたり

落ち葉が舞う様子を楽しんだりしています。

少し木の茂みを覗いて見ると…

「ねえ、ここになんかいるよ!」

こんなにおおきなカマキリがいました!

虫が得意なお友達がつかまえてくれましたよ。

「カマキリさんお腹空いてるかなあ」と草を入れて観察したり、

「カマキリは何を食べるか調べてみよう」とお友達と図鑑で調べる姿もありました。

こちらでは土俵を描いてお相撲さんごっこをしていました。

「はっけよーい、のこった」

四股をこんなに上手に踏んでいましたよ!

保育者を押す力も、四月よりもぐっと強く、一回りたくましくなったように感じます。

身体の使い方も上手になり、遊具も高いところまで軽々と登っていました。

寒い中でも、晴れている日は青空が澄んでいてとても綺麗ですね。

「雲が動いてる!」「ヘリコプターいるよ!」と

よく空を見上げているお子様たちです。

青空の下たくさん遊んで、健康な体と心を育んでいきたいと思います!