11月の郷土料理🍚

チャレンジキッズでは日本全国の郷土料理を給食に取り入れております。

各地の四季折々の郷土料理を通して、お子様の〝豊かな食の体験〟を育んでいきたいと思います。

11月の郷土料理は、山形県の郷土料理「納豆汁」と「芋煮」でした!

日本では、1月7日に無病息災を願って七草がゆを食べる習慣がありますが、

雪国では早春に芽吹く七草を揃える事ができません。

そこで山形県では、七草の代わりに塩蔵しておいたキノコや山菜を用いた「納豆汁」が食べられるようになりました。

タンパク質が豊富な納豆と、納豆にはない栄養素を含む具材を組み合わせた納豆汁は、冬の栄養分を補う雪国の生活の知恵が生み出した郷土の味です🍚

「今日の給食には、納豆がはいっているよ♪」とメニューを知らせると、

「やった~☆」と大好きな納豆に大喜びのお子様や

「納豆はどこ?」と配膳された給食をのぞき込み探すお子様も♪

納豆が大好きなお子様たちです☆

「芋煮」は、里芋やこんにゃく、ねぎ、きのこ類、季節の野菜などを主な具材の鍋料理です。チャレンジキッズでは、サツマイモ、じゃがいも、お肉がはいっています☆

お子様たちも「おいもだね~!」と嬉しそうにお話しながら食べていました♪

「おかわり!」の声もたくさん聞こえてきましたよ!

給食の先生、いつも美味しい給食をありがとうございます♪

今月は、普段とは違うお楽しみメニュー給食もあります☆彡

今度は、どんな味かな? 今から楽しみですね♪

来週も元気いっぱいのお子様たちに会えることを楽しみにしています☆