今月の郷土料理🍚

チャレンジキッズでは日本全国の郷土料理を給食に取り入れております。各地の四季折々の郷土料理を通して、お子様の“豊かな食の体験”を育んでいきたいと思います。

今月の郷土料理は、青森県の けの汁 いももちのじゅねあえ です♪

☆けの汁とは?

主に津軽地方に伝わる郷土料理で、津軽の七草粥ともいわれています。

けの汁とは“粥の汁(かゆのしる)”がなまって“けのしる”となったとされています。

野菜類と山菜類、油揚げや凍み豆腐などを細かく刻んで煮込み、味噌やしょうゆで味付けした栄養豊かな汁物です。

見た目はみそ汁と似ているのでお子様たちも抵抗なく食べられていたようです♪

お椀を持つのも上手になりましたね☆

美味しそうに食べていますね♪

☆いももちのじゅねあえとは?

じゃがいもを使って「いももち」を作り、“じゅね”(エゴマ)で作る味噌やごまで和えたものです。他にも、おしるこなどにして食べられています。

「いももち」は津軽半島の沿岸部でも昔から日常食として食べられていたそうです。

下北地方では、夏場のヤマセが吹き付ける寒冷な気候にも耐えるじゃがいもが昔から重宝され、雑穀や粉食に加えて主食とされてきました。収穫されたじゃがいもはそのまま利用するものや凍み芋、でんぷんで作る料理など様々な工夫がされてきました。

味噌の味がきいていて美味しかったようで、お子様方もおかわりをして食べていました☆

初めて食べる感覚に何だろう~?といももちを見つめる姿もありました!

一口食べておいしかったようでガブリついていたうさぎぐみさんです♬

来月の郷土料理は何かな?

ぜひ、楽しみにしていてくださいね♪

来週も元気な登園をお待ちしております。