分園での一日 ~七夕~ ☆彡

7月7日は七夕。

1年に1度織姫と彦星が天の川で会える日とされています。

分園でも、お子様たちと七夕に向けて準備を進めていました!

先生が飾りを出すとなんだろう?と興味津々のお子様たち。

きらきらした飾りにお子様も目を奪われていました!

りす組では、星の形の画用紙に自分たちでシールをペタペタと付けました。

いつもとは違う形の紙に興味を持ち、もっとやりたい!と意欲を見せていました。

そうしてみんなで作った作品は玄関に飾ってあります。

ひよこ組は、織姫と彦星の洋服を足型で作りました。

とても可愛らしいですね♪

うさぎ組は、すいかははじき絵に挑戦しました。そこから種も自分たちで描き、世界に一つのすいかが完成しました!

また、男の子は織姫を、女の子は彦星の顔を描きました。

うさぎ組さんになるとできることもたくさん増えてきますね。

七夕当日は、日中雨も見られましたが、夜はなんとか持ちこたえていました。

織姫と彦星が無事会え、お子様や保護者の方の願いが叶いますよう、職員全員で願っております☆

さて、分園の七夕はこれだけでは終わりません!

給食やおやつも七夕の特別メニューでした♪

天の川パスタ キャベツとにんじんのサラダ お星さまスープです。

オクラを見せると「おほしさまみたい~!」と目を輝かせて探しており、「ここにもあったよ」とスープの中のオクラを見つけていました。

ひよこ組、りす組はスプーンやフォーク、時には手も駆使して頑張ってパスタを食べていました。

うさぎ組は上手にフォークを使い、グッドマークを見せてくれました☆

おやつは七夕キラキラゼリー✨

「なにあじかな~?」とお友だちとお話ししながら楽しんで食べていました。

どのお子様も七夕という行事を楽しんで過ごしていました♪

来週も元気な登園をお待ちしております☆