9月避難訓練

今週は20日に敬老の日がありました。

敬老の日は、いつも見守ってくれているおじいちゃんとおばあちゃんに日頃伝えられない感謝の気持ちをかたちにして送る特別な日です。

敬老の日だけではなくても、ありがとうの言葉を大切にしていきたいですね☆

国民の祝日だった敬老の日。皆様はどのようにお過ごしになられましたか?

さて、分園では先日9月の避難訓練を行いました。

今回は地震が起きた後に給食室からの火災という想定で行いました。

保育者の「地震です、みんな集まって!」の声に少し不安そうな表情を浮かべつつも集まるお子様たち。

保育者に防災頭巾を被せてもらうお子様もいれば、自分でやる!と張り切っているお子様もいました☆

ひよこ組とりす組は、保育者の手から手へ、そしてカートやバギーに乗って安全に避難します。

りす組のお子様は全員避難出来ました!

ひよこ組も泣かずに避難していましたよ。

うさぎ組は防災頭巾を被り、避難靴も履いて自分たちで歩いて避難します。

「お友だちと手を繫いで避難するよ」の声を聞いてしっかり手を繫いでいました。

うさぎ組のお子様は防災頭巾に興味を持って嬉しそうに被る姿も見られました。

4月に比べるとどのお子さまも保育者の呼びかけをしっかりと聞いて、落ち着いて避難できるようになりました。

保護者の皆様、その後の引き渡し訓練のご協力ありがとうございました。

今後も、もしもの災害に備え避難訓練を行っていきます。