9月の郷土料理給食🍴

今日の給食は鹿児島県の郷土料理給食でした✨

メニューは「しゅんかん」と「呉汁(ごじる)」です❢

「しゅんかん」とは、塩漬けした豚肉と筍、大根、人参、しいたけなどの具材を炊きあげたものです。

中国から京都に伝わり、その後鹿児島でお祝い料理になったのが現在のしゅんかんだそうです。

給食では豚肉、大根、人参、油揚げを使い提供しました🎶

りす組さんもスプーンを上手に使って食べていましたよ☺

お肉を見つけて教えてくれるお子様もいました✨

「呉汁」とは、すりつぶした大豆が入ったお味噌汁です。

秋に収穫された大豆を使うため秋から冬が旬の郷土料理です🍂

給食では大豆の他にカボチャや人参、油揚げを使い提供しました。

お味噌汁が大好きなお子様たちは、とってもおいしそうに食べていましたよ💕

そしておやつは、「からいもねったぼ」です🍠


からいもねったぼとは、さつまいもを使った鹿児島県の芋餅です。

「からいも」とは鹿児島の方言で「さつまいも」の事です。

「ぼったぼった」とお餅を練ってつく様子からそ「ねったぼ」と呼ばれるようになったそうです。

給食ではさつまいも、米粉、片栗粉を使い提供しました。

「あまーい!」「おいしい!」とお話ししながら、

もぐもぐよく嚙んで、おいしくいただきました💕

今日の給食もおいしかったね☺

来月の郷土料理もお楽しみに🎶