🍁11月の郷土料理🍁

今月は岐阜県の郷土料理でした❢ 
メニューは「鶏ちゃん焼き」と「こも豆腐」です。

「鶏(けい)ちゃん焼き」とは、岐阜県奥美濃下呂地方の郷土料理です。
昭和30年頃に鶏を羊の代わりに食べたのが始まりだそうです。
鶏肉にしょうゆ、味噌、ニンニク、生姜などで下味をつけ、キャベツやもやしなどの野菜と一緒に鉄板で炒めます。 
給食では、鶏肉、もやし、キャベツ、人参をしょうゆ、てんさい糖、味噌で味付けをして提供しています。

お肉が大好きなお子様たち。
鶏肉を見つけて「お肉あった❢」とにっこり笑顔☺
おいしくてパクパク食べていましたよ❢

もちろんお野菜も残さずパクリ❢
一緒に食べるとおいしいね😋

「こも豆腐」とは、藁を編んだ「こも」で、水切りして崩した豆腐を納豆のように包んで作ることから「こも豆腐」と言われています。
豆腐の表面にしみ込んだ藁の香りと模様が特徴です。
給食では、豆腐をだし汁、しょうゆ、砂糖で煮て作りました。

甘い味付けが大人気で「おいしい❣」とおかわりもしていましたよ❢

上手にすくってパクリ❢

最後のひとくち*
味わって食べていましたよ😋

今月の郷土料理もおいしそうに食べる笑顔がたくさん見られました☺
来月もお楽しみに♪

今夜は部分月食ですね✻

帰り道、お子様と空を見上げてみてください☆彡

来週も元気な登園お待ちしています❢