🍜1月の郷土料理🍜

今月の郷土料理は、長崎県の「ちゃんぽん」でした❢

ちゃんぽんとは肉、野菜、魚介類などの様々な具材を中華麺と一緒に煮込んだ料理です。1899年に四海楼という中華料理店の店主である陳平順が、中国から来た貧しい留学生に安くて栄養のあるご飯を食べさせてあげたいという思いから作られました。給食では、豚肉、キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎと米粉の中華麺で作りました*

「今日の給食は、つるつるめんめんだよ❢」と知らせると

「つるつるめんめん やった~」と給食の時間を楽しみにするお子様たち😊

りす組さんは、スプーンで麺をすくって食べるのが上手になって、こぼさずに食べられるようになってきましたよ❢

大きなお口で食べられるところもかっこいいです✨

うさぎ組さんは、長い麺をフォークで上手にすくってパクリ❢  

大きなお口でパクパク食べて、おかわりをするお子様も多かった人気のメニューでした✨

おやつは、「さつまいものつきあげ」です❢

つぶしたさつまいもを油で揚げて作る料理です。長崎県の中でも五島列島や大村市など一部の地域で食べられているそうです。さつまいもを熱いうちに棒などで「つぶす(つく)」、油で「揚げる」という工程から「つきあげ」と呼ばれるようになったといわれています。園では、さつまいも、てんさい糖、米粉の生地を油で揚げて作ります*

まんまるな形に「おつきさまみたい❢」と、かわいらしい声が聞こえてきましたよ🌕

お口を開けて・・・パクリ❢ 

おいしくて、みんなすぐに完食~😋
おかわりもして、にっこにこでした♪

長崎県の郷土料理、おいしかったね*
来月の郷土料理も楽しみだね☺

来週も元気な登園をお待ちしております❢