やってみたいがいっぱい👕

今日は、着換えやトイレなど、身の回りのことに興味深々。
「自分で」「ひとりで」やってみたい思いがいっぱいのお子様の様子をご紹介します。

お散歩の際の靴下の着脱。保育者に見守られながら、「じぶんで!」とチャレンジ。上手にできたね!

脱いだ帽子や靴下を自分のマークのついた箱にお片付け。
「上手にできたね」と声をかけるとニッコリ笑顔♪

りす組さんのお着換えでは・・・
保育者と一緒にシャツの前後ろを確認しながら、自分でシャツに頭を入れます。
頭、出るかな、出るかな??
「できたー!」

うさぎ組さんは、自分でお着換え袋を手にとり、服を出して、
着替えを最後までひとりでやりきろうとするようになりました。

思うようにできなくて、声をあげたり、助けを求めることもありますが、自分でやりたい思いを大事にしながら、保育者がさりげなく手助けしたり、はげましながら取り組み、出来た喜びを味わえるようにしていきたいと思います。