暑中お見舞い申し上げます。

8月に入りますます暑さが増してきましたが、お子様達は元気いっぱいに過ごしています。

課業を通して、暑中お見舞いについて話をしました。季節に合わせた挨拶の手紙を送ることがあると話をすると、お子様たちは「?」と頭にハテナを浮かべながら話を聞いていました。

夏は「暑中お見舞い」冬は「年賀状」と普段お世話になっている方や、遠くに住んでいて中々会えないおじいちゃん・おばあちゃん等に送ることを伝えました。

そこから、保育園でお子様たちがお世話になっている方を話し合いました。「手紙だすの?」とお子様たちから質問があったので、「出したい?」と聞くと、笑顔で「出したい!」と答えていました。

早速保育園で日頃お世話になっている方へ、暑中お見舞いの葉書を作り始めました。

食育で使ったトウモロコシやオクラを使い野菜スタンプで向日葵を作りました。

皆、集中してスタンプを押していました。一人ひとり丁寧に気持ちを込めて作っている様子が伝わりますね☆

「しょちゅうおみまいもうしあげます」の文字も、最近ひらがなに興味を示しているお子様が「書きたい!」ということでお願いをしました。

難しい所は保育者が見本を見せたり、手を添えながら一緒に書いたりして全てお子様が書いてくれました。

完成した葉書を持って、ご挨拶へ行きます。

お楽しみ会でいつも美味しいご飯やデザートを作ってくれる、キッチン・パティシエの皆様へ。

お散歩に行くときや帰って来た時に温かく迎えてくれるサロン・パン屋さんの皆様へ。

「暑中お見舞い申し上げます!」とそれぞれ元気に挨拶をして渡すことができました。

皆さん喜んで下さってお子様も嬉しそうでした♫

キッチン・パティシエさんに挨拶に行った後、特別に少しだけ館内を見学させていただきました。初めて入る場所にお子様も目をキラキラさせたり、不思議な表情で館内を見ていました。

普段中々感謝を伝えたり挨拶する機会がない中で、このような機会があるとお子様も周りの方たちもお互いの様子が知れたり、感謝の気持ちが伝えられますね♪

皆様も暑い日が続いていますので、お体に気をつけてお過ごしください。